.

初めて投資すると時という場面では何をおいても下調べを横着してはいけません。。取引を行う前であるとすれば出来事を客観的に調査する事が出来ます。だがしかし、いったんマーケットの内側に踏み込んでしまうと、どう工夫しても見解が偏ったものになってしまいがちで状況によっては適切な判断を下せなくなる危険があります。そのために自らの考え方が論理的なうちにきちっと事前準備が大切なのだ。”事前準備”するためには、最初は自分だけの筋書きを記す事から始めます。未来の市場はこうなってああなるからランドを買う(あるいは売る)というような、自分なりの台本を書いていきます。次は日足チャートをチェックしよう。為替レートの上げ下げを見つめて、値動きをチェックします。すると、「今現在はだいぶ高すぎる場面にある」もしくは「今となっては大勢の人が買い(あるいは売り)に動いているから今から慌てて取引してもなすすべがない」ということが判断できます。当たり前ですが今となってはしかけるのが遅すぎるなと考えたならばこの場面ではきっぱりと吹っ切ることが肝心。どうしても自身の物語を妥協しないで、強引に新規エントリーすると、市場に跳ね返されて反対に損することになる危険があります。そうは言っても多くの場合では、準備が出来ている自分自身の脚本を考えているとすれば、買い(または売り)がなすすべがないという状況にはならないと思います。大方、リアルに外国為替市場が変化する前のはずだから。その次は、当面はあなたが注文しようとする通貨の動きを注意深く把握する事が必要です。仮に円安が進むと推測する物語を作成したのであれば、その外貨の上下動に注目する必要があります。市場の上げ下げを注目し始めたときでは、まだまだ誰の眼にも明らかに変動する様子を見せないで、細かい変動をしているだけでしょう。でも、その動きをじっくりと調べているとある位置でゆっくりとドル高の方向へと為替相場が推移し始めます。このチャンスでやっとドル円の新規注文を出すのだ。これだけ事前準備さえしておけばその売り買いで稼げる率は比較的大きくなるはずです。

Copyright (c) 2000 www.khvxxxl.info All Rights Reserved.