.

ついに投資すると時という状況では、何よりも下調べを手抜きしてはいけません。。売買を始める前、物事を論理的に見つめる事のできる余裕がある。だが、一回マーケットの内側に立ち入ってしまうと、何をしても考え方が客観性を欠くものになってしまい、重要な時に正しい状況判断ができなくなる不安があります。その分自分の精神が落ち着いている状況で間違いない準備をしておくことが必要です。その準備とは、とにかく自分の物語を描くことからスタートする。これからの相場はこうなってああなるから、ユーロをエントリーするというふうに自分の筋書きを書いていきます。次はローソク足チャートをチェックしましょう。以前のマーケットの上げ下げをチェックして今現在の位置を確認します。そうすれば、「割りに安い段階にあるな」とか、それとも「とっくに大方の方々がエントリーしているからこれから先大急ぎで売り(または買い)してもすでに遅いな」などと分かってきます。当たり前ですがすでにしかけるのがやりようがないと思ったら何もしないで、そこのところはあきらめることか必要です。どうしても自分の物語を貫いて割り切らずに新しく注文すると市場に押し返されてしまい反対に損をすることになる可能性があります。とは言っても多くの場合では用意周到に自らの物語を作っておけば、仕かけるのがなすすべがないという状況にはならないと考えます。大方、具体的に相場が上げ下げする前の状態のはずだからです。続いては、まずは自分が売買しようと決めている通貨の変動を、きちっと調べる事が大事です。例としてドル高に向うだろうというシナリオを書いたのであれば、ドルの上下動に気をつけておきます。外国為替市場の上下動を注意を払い始めた場面では、まだその外貨は大きく変動する兆しを見せることはなく上下に小幅な変動をしているだけでしょう。ところが、その変動をじっと注目していると、ある地点でドル高の方向へと為替相場が動き始めてくる。このチャンスで、ドルのエントリーします。通常は、十分に用意を考えておけばその注文で利益を上げる可能性は割合大きくなるはずです。

Copyright (c) 2000 www.khvxxxl.info All Rights Reserved.