.

通常の経験の浅い方向けのFXの書籍では「損が生まれたケースではナンピンでポジションの平均をコストを下げることができる」等と述べられていると思いますが、正直に言うとそれには危険性が潜んでいます。まずはじめに、ナンピンの仕組みについて手短に説明しておこう。ひとつの例として100円で1ドルを買ったとします。ドル買いですのでドル高に進むほど儲けが出るわけだが思っていたのとは逆に1ドル=95円まで円高・ドル安方向に向ったとします。その場面でポジションを持ち続けたら損失が戻るためには、マイナス分、円安に向う必要があります。皆さん、赤字は早めに0にしたいと考えるでしょう。そのためはじめに取引したのと同じ分の$を買います。これで、平均の買い付けコストは1ドル=97.50銭まで引き下げることができます。結果として、2円50銭の幅でドル高に進めば、損を失くすことが出来ます。こういったことがナンピンのロジックだ。ナンピン買いのやり方を耳にすると、「なるほど」と思ったりするが、市場は容易には思うようにはいきません。元々、95円以下にならないとは、想像できません。たとえば、外国為替市場が強いドル安傾向だとすると1ドル=95円では収まることなく、ドル安になる確率はあります。一例として、97.50円でナンピンをしたとしても、1ドル=95円までドル安が進んだらナンピン買いをした分についてもマイナスが生じてしまいます。そういう状態では一番初めに取引したドルと全部で、二重の為替差損を被ることになる。それほど、ナンピン買いはややこしいです。それでは、相場が己のストーリー展開とは別の方向にすぐに行ってしまった場合どういった対応で危険を避ければいいのでしょうか。こういう場合には選択できる方法は2つあります。ひとつめはあきらめて、ポジションを諦める事です。ふたつめは、自分か所持しているポジションを少なくする事によって、市場が回復するのをじっと待つ事です。相当控えめなやり方だと考える人もいるkもしれません。だが、持っている買いポジションにマイナスが生じた時、最も正しい手段はこの2つ以外にはないです。言うまでも無く、理屈の上ではナンピン買いを入れるという対策も有効です。けれどもナンピンは、自分が損失を出している状態でポジションを小さくするどころか逆にポジションを積んでいく方法です。この対策では、危険を回避することなど到底無理だ察するべきです。ナンピン買いを続ければその内マイナスがプラスになるかもしれません。だが、それより先に資金が無くなってしまいます。

Copyright (c) 2000 www.khvxxxl.info All Rights Reserved.